Story outline

Is He a Friendly Stalker? 彼は明るいストーカー?

Is He a Friendly Stalker? 彼は明るいストーカー?

Logline

The female protagonist is tormented by a man.

主人公の女性がとある男性の行為に悩まされる。

Planning Intention

Many works such as life dramas or horror stories expect readers to have a certain type of reaction. This project aims to have readers to experience a wide range of feelings.
The setting is made rather realistic so that readers feel familiar with the story.

「感動モノ」や「ホラー」など、世にある作品の多くは読む人が特定の感情を抱くような作りになっていると思いますが、読む人それぞれ抱く感情が一つに留まらないような幅のある作品を作ろうと思ったのがきっかけです。
少し現実味のある設定にすることで、読む人がより世界観に入り込みやすくなるよう仕向けようと思いました。

Synopsis

The protagonist is an office worker living alone in Tokyo. She starts to suspect someone is stalking her. She notices her room is somewhat tidier than how she left it, or she finds stuff in the fridge she was sure she didn’t buy.

She becomes anxious about strange happenings around her. One day when she comes home from work, she finds a box of her favorite cake on the table, with a note with a man’s name written inside.

The name is that of her boyfriend who was killed in an accident three months ago.

Is someone tricking her or is it really him? She is confused by this freak incident as she is still grieving for her loss. She goes to talk to her late boyfriend’s friend.

The friend reveals without remorse that he’s been stalking her.

She doesn’t know what to do with this unexpected confession. On one hand, she feels a wave of relief that she now knows who was behind all the bizarre incidents, but at the same time, she distrusts of him.

The friend continues to stalk her and her life gets out of hand. What is his intent in using her late boyfriend’s name? The reason is in the finale of the story.


舞台は現代の東京。一人暮らしをしているOLの主人公は最近ストーカーと思わしき被害に悩まされていた。

時折部屋が掃除されたかのように感じたり、買った覚えのないものが冷蔵庫に増えたような気がしたりなど、おかしな点が増えていった。

不可解な出来事が続く生活に不安や疲弊を覚え始めていたある日、いつものように仕事を終え自宅に帰ると、朝には何もなかったテーブルの上に、大好きなケーキ屋の箱と共に、とある男の名前が記された書置きを発見する。

書置きに記された名前は、何と三カ月前に事故死したはずの恋人の名前だった。

誰かのいたずらなのか、それとも実は本当に彼なのか…。恋人との思い出を未だ捨てきれない主人公は半ば混乱する。

どうすればいいのかわからなくなった主人公は、生前に恋人の友人だった一人の男性に相談を持ち掛けた。

すると、友人は自分がそのストーカーの正体だということを、あっさりと打ち明ける。

あまりに急な展開に言葉を失う主人公。それと同時に正体が分かったこと安堵感、ストーカー行為への不信感などが募る。

その後も友人はストーカー行為を続けていき、そのペースに飲まれてしまう主人公。

恋人の名を語る友人の真意とは? その理由を知ることが物語の終わりとなる。

Characters(name, age, background)

1.Protagonist (female)
2.Protagonist’s boyfriend (male)
3.The boyfriend’s friend (male)

1.主人公(女性)
2.主人公の恋人(男性)
3.恋人の友人(男性)
  • Author

Author

Kouki Motomura
元村 光希


Tokyo Cool Japan, Game General Department, Game Planning major
(The school was previously known as Tokyo Net Wave. New name from April 2019.)

専門学校東京ネットウェーブ ゲーム総合学科 ゲーム企画専攻
2019年4月より専門学校東京クールジャパン校名変更

Sign in