Story outline

The Stolen. ザ ストーレン

The Stolen. ザ ストーレン

Logline

Captives manage to escape from the castle of a witch.

登場人物らが、魔女からの妨害を受けながらも古城から脱出する話。

Planning Intention

The object of the story is to share information or experiences with others while working together to escape from captivity. The characters must judge who to trust to disclose the information. They can’t get through alone. They must work together in order to reach the happy ending. The key is when and where to reveal the information as well as how to obtain the information from others.

自分だけにしか分からない情報や出来事を誰か信頼できる人に話し、協力して脱出することを目標としている。
この人は信用できるか、嘘をついていないか、敵か味方かを考えながら行動する必要がある。
一人で突っ走ってもクリアはできない。グッド・ハッピーエンドにたどり着くには必ず誰かとの協力が必要となる。
いつどのタイミングでこの情報を開示し、また相手からどのようにして情報を引き出すかが肝となる。

Synopsis

Five strangers wake up in an old castle, not knowing how they got there. A voice from the speaker tells them they must find a clue to get out of the castle by morning, otherwise they will all be dead. One of the strangers thinks following such an order is ridiculous, but as soon as she voices her thought, a knife takes over her body and forces her to commit a suicide. The remaining four start a desperate search for the clue.

Eventually, one says something is taking over his body and he can’t control his movements. One moment he starts to run or refuses to enter a particular room, then the next moment he returns to a normal state. Before long, another person starts to act strangely. As they continue the search, they realize that there is a witch living in the castle. By calling out the name of the person, she can take over that person’s body. They figure out that the clue to get out of the castle is to catch the witch. 

While they make sure they don’t call out each other’s name, they now search for the spell to catch the witch. They get a golden thread and create a summoning circle, both of which are necessary for casting the spell, clear the game while chanting the spell, and finally escape from the castle.


とある古城で目を覚ます5人。彼らは皆初対面で、どの様にしてこの場所にたどり着いたのか分からない状況にある。困惑しているとスピーカーから「日が昇るまでにここから脱出するためのヒントを得ろ。朝までにそれが見つからなければ命を奪う」と声がする。「そんなデタラメに従えるか」と背いた一人は、体を乗っ取られナイフで自殺してしまう。残された登場人物らは絶対に死んでなるものかと死に物狂いで古城の探索を開始する。

探索をしていくと、登場人物の一人が異変を唱え始める。自分の身体が何者かに勝手に動かされていると語りだす。彼は突然走り出したり、特定の部屋に入るのを拒否したりと明らかにおかしな行動を見せ始める。と思いきや突然正常に戻り、今度は別の人物がそのような行動をとり始める。何かがおかしいと調べていくと、どうやらこの古城には魔女がいて、乗っ取られている人間の名前を呼ぶことで次の対象の身体を乗っ取ることが可能だとわかる。それと同時に、魔女を捕獲することがここから脱出する条件だという事を見つける。

互いの名前を呼ばないように注意しつつ、体を乗っ取っている魔女を引きずり出して捕獲する呪文を探していく。呪文詠唱に必要な金の糸・魔法陣を用意し、呪文詠唱にてゲームクリア。無事脱出が可能となる。

Characters(name, age, background)

Mayoi Jinguji:
Female, 25 years old. Japanese. 156 centimeters tall.
She is the one who nonchalantly disregards the order at the beginning of the game and commits suicide. She is, however, actually a member of a witch clan that lives forever by taking over a young body as they get old. Since her magic is not as strong as other witches, she worries about the extinction of her clan. That fear prompts her to take the offer from Huster. He promises prosperity for the witch clan’s future in return for working as his servant, but Mayoi must pass his test to prove she is suitable for the position. The test is not to let the four escape from the castle.

Ren (Orient):
Female, 24 years old. A backpacker from Italy. 164 centimeters tall.
She is traveling around the world with a ball-jointed doll called Ai. She thinks Ai is her sister and despises anyone who treats Ai like a mere doll.

Yuki Inami (real name Yukio Date):
Male, 20 years old. A Japanese model. 175 centimeters tall.
He is a popular fashion model for a magazine targeting men in their twenties. His nickname is Yukki.
With his hyper-active personality, he often cheers up everyone around him. Although he acts like a class clown, his work ethic is professional, and he is well-liked by his model colleagues and staff.

Warau Tada:
Male, 22 years old. A Japanese university student. 177 centimeters tall.
He is a senior university student studying psychology. Girls with mental issues like him a lot. His area of study presents him with many occasions to work with disturbed people, through which he learned how to handle stressful situations. He applies this useful skill to come up with excuses to skip lectures.
His friends find his polite manner and use of the Kansai local dialect dubious. He is indeed engaged in shady business, but his demeanor never reveals anything suspicious.

Suwall Degis (Real name: Jyaaku Warusugi):
Male, 50 years old. A Japanese company president. 185 centimeters tall.
His daughter died from overwork while working for a “black company” (a business with exploitative practices that often results in a worker’s death). The daughter’s strong desire to be independent pushed her to join the company against her parents’ advice. This sad experience drove Degis to set up a company exactly the opposite of a black company to wipe out such terrible work practices. His company is thus called Black Corporation. Their pseudo-evil machine development and pseudo-evil marketing activities are popular among kids. The company’s reputation and mission has been attracting young talent.


・神宮寺 真宵(じんぐうじ まよい)
女性。25歳。日本人。身長156センチ。

「こんなゲームに付き合っていられない」と最初に異を唱え、何かに身体を乗っ取られてナイフで自殺をする女性。
しかし、実際は年老いると若い身体を乗っ取って生きながらえている魔女一族の一人である。他の魔女よりも力が弱く、このままでは自分の代で一族は滅んでしまうと悩んでいる時に、ハスターから「我の僕として働くのであれば、一族の繁栄を約束してやろう」と持ち掛けられる。そして、僕となるにふさわしいかのテストとして、無作為に選んだ人間4人を古城から脱出させないという課題を提示される。


・レン=オリエント
女性。24歳。イタリア人バックパッカー。身長164センチ。

等身大の球体関節人形「アイちゃん」を持ち運んで世界を旅している。アイちゃんを自分の姉妹だと思っているので、人形扱いしてくる人間には嫌悪感を抱く。


・伊波 悠希(いなみ ゆき) 【本名:伊達悠紀雄(だて ゆきお)】
男性。20歳。日本人モデル。身長175センチ。

人気上昇中の20代男性向けファッション誌のモデル。愛称は「ゆっきー」
基本的にテンションが高く、周りのムードメーカーのような存在。お調子者に見えるが仕事に対してはストイック。いつも真剣に取り組んでいるので、スタッフやモデル仲間に信頼されている。


・多田 笑(ただ わらう)
男性。22歳。日本人大学生。身長177センチ。

心理学を勉強している大学4年生。メンヘラの女の子にモテる。そういった人間を相手にすることが多いため、いつの間にか修羅場を切り抜けるという技能が身についた。その技能を駆使して、講義を上手にさぼっている。
いつも笑顔を絶やさず、関西弁なのが合わさって「うさんくさい」と仲間内でいじられている。実際うさんくさい事はしているが、それを感じさせない雰囲気を持っている。


・スワール・デギス 【本名:悪杉 邪悪(わるすぎ じゃあく)】
男性。50歳。日本人の会社社長。身長185センチ。

親元から離れたいという気持ちが強かった娘が、親の反対を押し切ってブラック企業に入社。その末過労で死亡してしまったという過去を持つ。その体験から、どこよりもホワイトな企業を作ってこの世界のブラック企業を潰したいという、ブラックな思いから「株式会社ブラック企業」という会社を設立。悪の組織っぽい機械の開発や、悪の組織っぽい広報活動を行っており、子供に人気。その評判や企業理念から、優秀な人間が入社してきている。
  • Author

Author

※This is alcohol
※これはお酒です。


Mainly works on TRPG (tabletop role-playing game) scenarios and publishes them after playing among friends, as well as turning them into games and videos.
Tokyo Cool Japan Game General Department, Game Planning major
(The school is previously known as Tokyo Net Wave. New name from April 2019.)

主にTRPGのシナリオを執筆。
自分で書いたシナリオを仲間内でプレイし、その後公開をしている。
また、そのリプレイをゲームにしたり、動画にして公開予定。
専門学校東京ネットウエイブ・ゲーム学科ゲーム企画専攻。
2019年4月より専門学校東京クールジャパン校名変更。

Sign in