Story outline

The Seven of the Miniature Garden 箱庭のⅦ

The Seven of the Miniature Garden 箱庭のⅦ

Logline

A story of an underdog who plays the game with all his might to prove himself.

――何も持たない路傍の石である己が、ただ一つの星であることを証明するために。
主人公が、命と心を賭けた『ゲーム』に身を投じる話。

Planning Intention

The players are to experience what characters go through in terms of relationships and the eventual endings they meet in scenarios set in a miniature garden.

Action, puzzle, and RPG (role-playing game) scenarios from various genres can be added to the game. The ED (ending demonstration) will vary depending on the selection made or routes taken, such as each character’s ED, Harem ED or BAD ED (bad ending demonstration).

The story’s time frame is expected to be about one month.
It is better not to extend further so that players to feel attached both to the story and to the characters by playing the game repeatedly. Seasonal events can be added to the scenario to make the school setting real.

The protagonist is set as a male, but if the story were to be made for female players, the protagonist can be a female while all the other characters are male. If the game is for male players, all the other characters can be changed to female.

<企画意図>
登場人物同士の織りなす人間関係、そしてキャラの辿りつく結末を『シナリオ』という箱庭の中でプレイヤーに追体験してもらう(楽しんでもらう)ための企画。

なので、アクションやパズル、RPGなど、ジャンルを問わずシナリオをゲームに付随させることができる。
選択肢や進んだルートによってEDが変化するマルチED形式をイメージ。
(各キャラクターED、ハーレム、BADEDなど)

作品内の時間経過については、およそ1か月程度想定。
繰り返し遊んでもらい、ストーリーやキャラクターに愛着を持ってもらうことが目標のため、無暗に長くはしない。ただし、学園ものとして時節柄のイベントなど取り入れられるなら積極的に取り入れる。

以下、主人公を男性として据えていますが、女性向け作品にするのであれば、主人公を女性&他キャラクターは男性オンリー、男性向け作品にするのであれば、他キャラクターを女性オンリーにも変更できます。

Synopsis

This is a story of a boy who has nothing earns one thing in the end.

How does he do it? The boy is at a school in a miniature garden with the “Eternal Stove,” which can grant wishes. It keeps on burning by taking in people’s fortune and misfortune. The boy’s name is Nero. He possesses nothing but his own name. He accidentally gets involved with the “Numbers Game,” which is called a “De-gassing Process” of the stove.

Seven participants fight for numbers in the “Rule Field,” a simple game where you win if you seize the number engraved onto the opponent by using whatever methods you have. Obtaining the number means seizing the heart or the spirit of the competitor. Once you are given a number, you are not allowed to leave the field. You snatch the heart or yours is snatched first. 

Nero, who has nothing but the name, is given the number VII. In order to prove himself that he is the chosen one, he throws himself into playing the game.

※ It is a fantasy world with realistic images. There is no magic involved, but players will be mystified by strange and inexplicable events. 
※ As multiple ED is assumed, the ending varies, including losing, or running away. 

The main scenario is that the protagonist Nero keeps on winning, but he realizes that what he really wants and what really matters is what he always had in his hand. He then leaves the school in the miniature garden.


――何も持たない少年が、ただひとつを手に入れる物語。

それはいかなる仕組か。人の願いを叶える『永久機関』が存在するという『学院』

人の幸福を、不幸を、薪として動き続ける機関が存在する、とある箱庭に少年はいた。

名をネロ。名前以外を持たない彼は、ひょんなことから、『機関のガス抜き』と呼ばれる『ナンバーズゲーム』に身を投じることになる。

参加者は7人。内容は、『ルールフィールド』における『数字の奪い合い』

どのような形であれ、戦う相手に刻印された数字を奪えば、勝利となる『簡単なゲーム』。

だが数字を奪うことは、相手の心を――魂を奪うことを意味していた。

数字を与えられた以上、退くことはできない。

心を奪うか、それとも奪われることを選ぶのか。

葛藤しながらも……何も持たない路傍の石である己が、ただ一つの星であることを証明するために。『Ⅶ』の数字を与えられた彼は『ゲーム』へと身を投じるのだった。

※ 世界観はファンタジックな現実世界をイメージ。魔法などはないが、そう言ったものがあるんじゃないのか?とプレイヤーに思わせるような、日常から一歩ずれた非日常的世界観。

※マルチEDを想定しているので、結末は複数(敗北したり、逃走したり)。

メインの正史 としては、主人公(のネロ)はゲームに勝ちあがりつつも、自分が欲しかったもの、本当に大事なものは手の中に持っていたと気づき、最後は『箱庭』である『学院』を旅立つ…という内容を想定しています。

 アニメ化時の結末はこちら(最終的な勝者は主人公のみ、です)
 

Characters(name, age, background)

This is a rough idea. The current protagonist is a male but if the game is for female players, the protagonist can be a female while all the other characters being male. The role of each character doesn’t change one way or another.

<Protagonist> Number VII
Nero
He is rather gruff and distant. He started the game well aware that he is a kid with no power.
He knows he will do anything in order to win, but deep in his heart, he resents that feeling. He is actually kind-hearted. He doesn’t respect nor trust the “Teacher” who raised him. Aira, who is given the number V, is the only one from the same hometown who grew up with him. Nero thinks Tokiya is his friend, but he doesn’t admit it to Tokiya.

<Heroine and partner of the protagonist> Number V
Aira
The “Teacher,” whom Aira respects, raised her and Nero who is from the same hometown. She comes across as aggressive and loud, but she actually has a gentle soul. She enters the game because the “Teacher” told her to, but she herself doesn’t have any particular wishes. She just wanted Nero to find out his parents. Soon after the game starts, Nero snatches her number, but instead of getting depressed, Aira becomes Nero’s partner saying, “You took my precious number, so you must win.”

<Friend and final boss> Number Zero
Tokiya
Ever since Nero rescued him from bullies, he follows Nero everywhere.
He has a rather quiet and vague personality and acts like he doesn’t know anything about the game, but the truth is, he was actually the winner of the previous round. With his twisted mind that enjoys watching people get desperate, he set up the “Numbers Game” this time around.
Although Tokiya is cruel to Nero by saying, “You are created for me. I can treat you however I like,” he was the only friend Nero ever had.

<The top brass of the school and the protagonist’s should-have-been rival > Number I
Dio
He is the eldest son of the senior board members that control the school, Touo Academy. He’s been groomed to be the ruler since he was a boy and he himself has a clear intention of being one. He is arrogant and condescending with absolute belief in his own ability. He is the president of the student body and governs autonomously, which makes him a terrifying presence among students.
Even Dio’s appearance alone makes everyone kowtow to him as the king of the king of the miniature garden. But perhaps he knew too little of what was happening under his very nose. He will end up losing to someone lesser.

<Attendant to the ruler, someone who’s been robbed of everything> Number II
Agnes
He is born to be an attendant to Dio, without any mental or physical freedom. Provoked by Tokiya, however, he ends up killing Dio in the game. He is like a version of who Nero could have been.

<The Haves> Number III and IV
Sumireko and Ranko Hakuhoin
A boy-girl twin who participate in the game because of their childish wish of having a world of their own. They have everything Nero doesn’t have, a family to go home to and friends. But they are perhaps too immature to realize that true happiness was right there with them. They are eventually beaten by Nero.

<The mirror image of the protagonist> Number VI
Kotowari
He is the most wicked of all, the complete opposite of Nero. Through fighting with Kotowari, Nero starts to doubt his own reasoning for participating in the game.

<The adult, the system>
The Teacher
Both Nero and Aira know him as “Teacher.” He is the guide to the game. He works at the “Eternal Stove” but the details are unknown. He is a faceless character, like someone indistinguishable in a crowd.


おおよそのイメージです。繰り返しとなり恐縮ですが、現状は主人公を男性と据えていますが、女性向け作品にするのであれば主人公は女性に、他キャラクターは男性オンリーにも変更できます。ただ、それぞれのキャラが持つ役割は性別が変更されても変わらないのでよろしくお願いいたします。

<主人公>ナンバーⅦ
ネロ
ぶっきらぼうで無愛想。
『何も持たない無力な子供』と、自覚しているからこそゲームに踏み出した。
勝つためなら何でも出来ると思っているが、裏腹に心が痛む。性根は優しい。
『先生』に育てられたが、尊敬はしていないし、胡散臭いと思っている。
ナンバーⅤを与えられたアイラだけが、唯一同郷で幼馴染。
時哉のことは内心友人と認めているが口には出さない。

<ヒロイン&相棒>ナンバーⅤ
アイラ
『先生』に育てられたネロの同郷で、『先生』は敬愛している。
勝ち気でかしましいが、根っこは優しく一途。素直になれないお年頃。
『先生』に言われてゲームに参戦したが、実際自分の願いはなく、ネロのご両親が分かればいいと考えていた。序盤でネロに数字を奪われ、落ちこむどころか、『私の大事なものをとったのだから、必ず勝ちなさいよね!』とネロの相棒を買って出ることに。

<友人&ラスボス>ナンバー・ゼロ
時哉
いじめられていたところをネロに助けられて以来、彼にまとわりつく青年。
大人しく、ぽやぽやした性格。ナンバーズゲームのことは何も知らない――と思いきや、前回の勝者。
人が絶望する顔を見たい、という歪な願望を胸に抱き、その願いを叶えるために今回の『ナンバーズゲーム』を開催させた、裏の主催者でもある。
『僕のために作られた君なのだから。どう扱おうと勝手だろう?』――とネロに告げる酷薄さを持つが、ネロにとっては、そんな歪な男でも、最後まで、ただ一人の友人だった。

<学園の頂点&主人公のライバルになる…はずだった存在>ナンバーⅠ
ディオ
現在の塔央学院を支配する上級役員の、一族の長子。幼い頃から帝王学を叩きこまれ、自身にも『人を支配する側だ』という自負がある、絵に書いたような『エリート』
性格も威圧的で傲岸不遜。己の能力に絶対の自信がある。
生徒会長として学院の自治を託されており、学生にとっては畏怖を集める存在。
一目見ただけで誰もがひれ伏す、箱庭を司る王の王――なのだが、自分の足元は見えていなかったのか、彼は自分の手足にも等しい存在に敗れることとなる。

<頂点の従者&全てを奪われてきた存在>ナンバーⅡ
アグニス
ディオの執事(世話役)を務める青年。生まれながらにしてディオの補佐としてあてがわれ、思考も自由も全て奪われ続けていたが、時哉にそそのかされた結果、ナンバーズゲームでディオを殺害するに至る。物理的に『全てを奪い尽くした』ネロのif的な存在。

<持つ者たち>ナンバーⅢ&Ⅳ
白凰院 菫子・蘭子
『ふたりきりの世界が欲しい』という子供のような幼い理由でゲームに参加した双子の”姉弟”。
ネロにはない『家族(帰る家)・友人』、ありとあらゆるものを持つ、満たされていた存在。
色んな意味で子供だったのか。本当の幸福は隣にあると知らず、ネロに敗れることとなる。

<主人公の鏡>ナンバーⅥ
理(ことわり)
悪辣を詰め込んで仕上げたかのような青年。ネロの対にあたる。
彼と戦うことでネロは、戦うこと、ゲームに参加した自分の選択に揺らぎを覚えるようになる。

<システムとなった大人>
『先生』
ネロもアイラも『先生』としか知らない大人であり、ゲームへの案内人。
永久機関の手先も務めるが、その背景は不明。
どこにでもいる、無関心な群衆のような存在。
  • Author

Author

Akiko Aikawa for game creator
Akiko Mare for animation and comic creator
相川 暁子(ゲーム製作時)
希 暁子(アニメ・コミックスなど製作時)


Japan Game ScenarioWriters Association
Scenario writer and voice actor

日本ゲームシナリオライター協会所属
シナリオライター兼声優

Sign in