Story outline

Slow Living (or is it?) of the Wise 大賢者のスロー(?)ライフ

Slow Living (or is it?) of the Wise 大賢者のスロー(?)ライフ

Logline

The world is saved from Satan by the Knights. This slapstick comedy with yuri (girls’ love) elements is about a wise woman who wants to live quietly in the remote frontier and a disastrous trouble-prone goddess.

勇者が魔王を倒した世界。辺境で人とかかわらずにスローライフを送りたいと願う賢者と、そこに毎度厄介ごとを持ち込んで敵を引き寄せるポンコツ女神とのドタバタ百合コメディ。

Planning Intention

The theme of this project is the importance of relationships.

Teenage boys are the main audience of this comical fantasy story. The element of yuri (girls’ love) sets it apart from other similar stories, along with upbeat slapstick dialogue between the characters to add a strong comedic effect.
The protagonist never knew the importance of relationships since she was busy fighting against Satan. When a shabby goddess comes into her life, she chases her away because the goddess brings one trouble after another. But when the goddess is gone, the protagonist recognizes a big hole left in her life and recognizes the value of relationships.

The aim is to express the importance of human connection in this age of digitalization through the relationship between the protagonist and her opposite.

When turning this story into a game, high-level user freedom is important. Map searching, requests, and story developments for each character will open up the main story. The ending will vary depending on where the supplemental story leads or how the search progresses, avoiding monotony in the story.


今作のテーマは『人とのかかわりの大切さ』です。

ターゲット層を『10代の男性』に設定し、その層が求めているであろうコメディ要素の強いファンタジーを根幹に、同じく人気のある百合要素も加えて他作品との差別化を図ることにしました。中でもコメディ要素として、キャラ同士の軽い掛け合いを重視し、ストレスフリーなテンポの良さが特徴となっています。
主人公が賢者として戦いに明け暮れていた頃には見えていなかった『人とのかかわりの大切さ』。しかし、彼女の前にポンコツな女神が現れることで、厄介ごとばかりを持ち込んできます。さすがに我慢のできなくなった主人公は女神を追い出しますが、失ったことによって『人とのかかわりの大切さ』を認識していくのです。

人とのかかわりすらも電子化された今だからこそ、本来の温かみや大切さを伝えたい。その思いをメインキャラ二人の関係で描くことを目指しました。

ゲーム化する際は、自由度の高さが売りとなります。マップ探索や依頼、キャラごとのストーリーなどを進めていくことで、メインシナリオが開放されていくシステムを考えています。各サブストーリーの進め具合や探索状況なども反映して分岐するマルチエンディングにすることで、一本調子にもならないように工夫しました。

Synopsis

Satan, who once terrorized the humans, was beaten five years ago.

Rosé, the bravest of the Knight Party, is tired of going on harsh battle journeys. She dreams of a quiet life, perhaps with a pet slime to keep her company for the rest of her life.

“Hey, what kind of underwear are you wearing today?” Rouge, a weird goddess from the Summoned Party, yells this at Rosé when she shows up. A self-proclaimed “goddess of girls’ love,” she declares her love for Rosé.

Rouge shatters Rosé’s dream to live in isolation, bringing disruptions day after day.

When Rouge tries to control the weather because she wants a sunny day, it brings water shortage to the village.

When Rouge gets caught up killing beasts, she accidentally wipes out the town’s tourist attraction without a trace.

When Rouge tries to get rid of the beasts, she awakens a huge pack of hibernating beasts.

On top of all this, Blanc and Noir, Rosé’s former rivals, show up in front of Rosé chasing after Rouge. Completely exhausted from the threesome’s turmoil, Rosé throws the three out.

A peaceful life finally arrives for Rosé. But she reminisces about her formerly chaotic yet exciting life, now feeling bored with uneventful days.

Just as Rosé thinks she wants Rouge back into her life, a boy named Verde shows up who declares himself as “the successor of Satan.” Verde attacks Rosé who was one of the Knights who took down Satan.

When Rosé looks to be at an absolute disadvantage, Rouge comes back to help. Rosé accepts Rouge’s desire to be together and they stand up against Verde. 

After knocking Verde down, Rouge is allowed to stay as a servant dressed up in a maid’s costume in Rosé’s house to make up for the disturbance she caused on Rosé’s quiet life.

It looks like all the dust is settled, but as Rouge is still Rouge, her silliness never changes. Eventually Blanc and Noir also move in. Rosé now deeply regrets taking Rouge back in.


人類を苦しめていた魔王が討伐され、はや5年以上の年月が過ぎた世界。

元・勇者パーティ所属、最強の賢者であるロゼは、過酷すぎる旅に飽き飽きし、癒しを求めてスライムでもペットにして余生を過ごそうと考える。ビバ、スローライフ。
だが、召喚陣から現れたのは「な、なあ、今どんなパンツはいてんの……?」などと口走る、変態もといド変態女神のルージュ。彼女は自身を『ガチ百合の女神』と名乗り、ロゼとイチャイチャしにきたといって押しかけてくる。

もう極力人とかかわらずにひっそりと生きていきたかったロゼ。しかし、その目的を阻むかのように、ルージュが次々と厄介ごとを持ち込んでくる。
晴れの日が好きだからと天候を操り、近くの村を水不足に陥らせたり。
魔獣討伐に勤しんでいたら、勢い余ってその町の観光シンボルを跡形もなく破壊してしまったり。
魔獣被害が減らないならまとめて一掃しちゃえばいい、と冬眠中の魔獣の大群を叩き起こしたり。

さらには、ルージュを追って、かつてのライバルである女神ブランとノワールまで押しかけてくる。三人のいざこざに巻き込まれ、鬱憤の溜まりきったロゼは、ついに無理やり三人を追い出してしまう。

ようやく手に入った平穏。しかし、ロゼは何もない退屈な日々に、ドタバタの中にあった楽しさを思い出す。
ルージュに帰ってきてほしい、そう思った矢先、ロゼのもとにヴェルデという少年が現れる。彼は自身を『魔王の後継者』と名乗り、魔王を倒したうちの一人であるロゼに襲い掛かってきた。

圧倒的劣勢のロゼ。そのとき、ルージュが助けにやってくる。
これからも一緒にいたいというルージュの思いを受け、立ち上がる。そして、ヴェルデを倒し、スローライフを邪魔した償いとしてロゼの家でメイド服を着させて働かせることになった。

一件落着かに見えたが、やはりルージュのポンコツさは治る気配がない。しかも、いつの間にかブランとノワールまでも住み着いてしまっている。
ロゼは、やっぱりあのまま追い出しておくべきだった、とまた後悔するのだった。

Characters(name, age, background)

Main characters
○ Rosé: Protagonist. The bravest of the Knight Party but she is tired of going on harsh battle journeys. She dreams of a calm life, away from all the hustle and bustle, but she always ends helping other people. The tips of her long gray hair are light pink. She likes to dress casually in subdued colors contrasting with her hair color.
○ Rouge: Heroine, a self-proclaimed “goddess of girls’ love.” She invites herself to live with Rosé, who is trying to lead a quiet life. But wherever Rouge is, there is always trouble. She is all the more hopeless in that disasters occur despite her innocent intentions. Her medium-length hair is a bold red. She usually dresses in a red gown to match with her hair color.

Enemies and supporting characters
○ Blanc: Supporting character. Noir’s twin sister. When they were in heaven, she was always forced to clean up after Rogue’s mess. Her serious personality does not approve of Rogue’s unconventional behavior.
○ Noir: Supporting character. Blanc’s twin sister. Like Blanc, she was a victim of Rouge. She doesn’t speak her mind and normally supports whatever Blanc says or does.
○ Verde: Arch-enemy. The son of the fallen Satan. He rounds up various beasts in order to rebuild the Satan Army, but his lack of charisma only leads to a number of unsuccessful attempts. He has enormous power, but his mind is weak and he cries a lot.


~メインキャラ~

○ロゼ:主人公
元・勇者パーティ所属、最強の賢者。過酷すぎる旅に飽き飽きし、これからは戦いとは無縁なスローライフを送りたいと思っている。結局誰かを助けてしまう、世話焼きな一面も。白髪ベースの長髪で、髪の端が薄ピンク色。髪と対照的なシックな色合いのラフな格好を好む。基本、ローブ着用。

○ルージュ:ヒロイン
自称『ガチ百合の神』。スローライフを求めるロゼのもとに押しかけてきたが、ことあるごとに厄介ごとを持ち込んでくるポンコツ女神。すべての行動はもともと善意からきているというのが、救いようがない。真っ赤な髪(ミディアム)。普段、髪と同じ真っ赤なドレスを着ている(羽衣あり)。


~敵&サブキャラ~

○ブラン:サブ
ノワールとは双子。天界にいた頃、ルージュの尻拭いばかりさせられていた可哀そうな女神。真面目なのだが、それゆえルージュの型にはまらないやり方が気に食わない。

○ノワール:サブ
ブランとは双子。ブランと同じく、ルージュに振り回されていた可哀そうな女神。あまり自己主張をしない性格で、基本ブランの補佐に徹している。

○ヴェルデ:ラスボス
倒された魔王の息子。魔王軍再建のため様々な魔獣を集めて回っているが、強烈なカリスマ性もなく失敗続き。強大な力を有していながら、メンタルが豆腐ですぐに泣く。
  • Author

Author

Kanon Aoi
蒼井 華音


The OCA Osaka College of Design and IT
Manga, Animation, Light Novel and Story Writing Major

OCA大阪デザイン&IT専門学校
マンガ・アニメ・小説科
ライトノベル&小説作家専攻

Sign in