Story outline

_World _ワールド(アンダーバーワールド)

_World _ワールド(アンダーバーワールド)

Logline

Can humans stay human even when they lose their body?
Once humans were exiled from their land by unknown life forms. People seek the identity and hidden secrets of the unknown life forms. Humans aim to take back the land by fusing their bodies with machines and even by digitalizing themselves.

ヒトはどんな姿になってもヒトでいられるのか――
未知の生物に地上を追われた人類が、その正体と謎に迫り、自らの肉体を機械化、デジタル化と進化させながら世界の奪還を目指す物語。

Planning Intention

Humans who lost their power as the rulers of Earth survive in three worlds: Aboveground, Underground and in the Digital World. 
The Aboveground is infested with unknown life forms.
The Underground is where humans chose to start a new life.
The Digital World was built to be an artificial human paradise where many souls gather.
The point of this project is to fuse these different dimensional worlds into one story.
First, we will release visuals of the three worlds showing the reason for the disasters of the worlds.
Then, we’ll release an online open world game presenting the seamlessly connected worlds.
Users can live freely in any of the worlds.

Aboveground.
Unknown life forms take control of the world from the humans.
They are very strong, and humans have no chance of winning in one-on-one battles.
As a game, I imagine it as an action game that has the exhilarating feeling of GIANT KILLING and a play-through element of a hack-and-slash game.

Underground.
Humans escaped to the Underground and developed it to survive. It functions as a base where different kinds of requests can be made, such as the expansion of land or the processing of materials from aboveground.

In the Digital World.
In a world where currency was losing value, information takes its place.
Not only news but songs and paintings can be valued as information as long as they are approved and quantified.
Linking this world closely with the real world allows for new talent to be discovered through participatory events or it could function as a test field for a new service.

The entertainment world always seeks stimulating new ideas and I believe this project could fulfill that need.


地球の統治者としての立場を追われた人類は、地上、地下、デジタルの三つの世界でかろうじて生きながらえていた。

未知の生物が我が物顔で跋扈する地上。
人類が新たな生活基盤として選んだ地下。
人工の楽園として生み出され、多くの人の魂を集めるデジタル。

全く違った三つの世界を、ひとつの物語で融合させ展開させていく、というのが本企画のポイントになります。

まず映像作品として、三つの世界を股にかけ、世界の異変の原因に迫る物語を公開します。
その後、三つの世界をシームレスに繋いだ、オンラインのオープンワールドゲームを発表。
ユーザーはそれぞれの世界で、自由に生活することができます。

地上世界。
こちらは突如出現した未知の生物が、人間に成り代わり世界を支配しています。
その力は強大で、個体同士の戦いでは、人間に勝ち目はありません。
ゲームとしては、ジャイアントキリングの爽快感と、ハックアンドスラッシュのようなやり込み要素を主体としたアクションゲームを想定しています。

地下世界。
地上を捨てた人類は地下に逃げ込み、そこを発展させることで、なんとか生きながらえています。地下世界では、拠点としての機能があり、土地の拡大や地上で得た資材の加工、その他様々なクエストの受注が行えます。

デジタル世界。
デジタル世界は、この世界の経済を担っています。
貨幣価値の薄くなった世界では、情報がそれに変わる存在として台頭してきました。
ニュースだけでなく歌や絵など、情報としての価値が認められれば、それが数値化され価値となります。
この世界はリアルと密接にリンクさせ、参加型の企画などで新しい才能の発掘を行ったり、新しいサービスのテストを行う場としても機能させられると考えています。

常に新しい刺激が求められるエンターテイメントであるからこそ、それに応えられる構造を持った本企画を提案させていただきます。

Synopsis

In 2020, the human world was attacked by unknown life forms that emerged suddenly.

Arato lost his left arm and passed out.

When he woke up, his left arm had been replaced with an artificial arm and 200 years had passed.

Arato can’t grasp the situation and asks for details from the demolition wrecker who found him.

200 years ago, humans lost the battle with the unknown life forms and went underground.

The life forms have control aboveground, so humans have to find a place to live either in Underground or in the Digital World.

Arato could hardly believe the story.

But once he went to Aboveground, nothing was as he knew it. It was deserted. The oddest thing he found was a massive tower that looked like a few hundred-meters-tall tornado.

People say that’s where the unknown life forms live.

Arato shudders at the tower but it also interests him greatly.

While supporting the wrecker who saved his life, he goes to the Aboveground and the Underground and into the Digital World to understand the situation.

Humans haven’t given up on taking back Earth.

Humans suspect the disaster originated from the tower and send an investigation team.

Arato volunteers to join the team and sneaks into the tower to find out the truth.

The reason for this incident was the metabolism of the earth. It was the earth that created the unknown life forms for self-purification. The will and the power were divinely strong, so people had no choice but to go back underground.

Arato concludes that the only way for people to survive is to co-exist on Earth with the unknown life forms and not give up the will to survive. He decides to live with his mechanical arm.


2020年、人類は突如出現した未知の生物に襲われるアラト。

左腕を失い、そのまま意識を失う。

次に目覚めると、失われたはずの左腕は機械として付け替えられ、さらには200年の月日が流れていた。

状況の飲み込めないアラトは、自分を発見した解体屋から、詳しい話を聞く。

200年前に出現した未知の生物に人類は敗北し、地上を捨てて地下へと逃げこんだ。

いまでは地上はヤツらの天下であり、人類は地下かデジタルの世界に居場所を見つけるしかない。

話を聞いても、にわかには信じられないアラト。

実際に地上に出てみると、そこはアラトが記憶していたモノは存在せず、荒廃し、人間のいなくなった世界となりはてていた。

中でも、異様だったのが、地上数百メートルほどの竜巻を、そのまま土で硬めたかのような、巨大な塔だった。

曰く、あの塔は、未知の生物の巣なのだという。

アラトは、その塔に戦きつつも、強く惹かれる。

助けてもらった解体屋の手伝いをしながら、アラトは地上、地下、デジタルとそれぞれの世界を行き来し、人類のおかれている現状を知る。

人類は、まだ地球を取り戻すことを諦めていなかった。

異変の現況が、地上にそびえ立つ塔にあると考えた人類は、調査団を派遣する。

アラトは調査団に志願し、塔の内部へと潜入、そこで異変の正体を知る。

今回の異変の原因は、地球という生命の新陳代謝のひとつで、自浄のために、未知の生物を生み出したのだ。

その意思、その力はあまりにも強大で、人類は地上を取り戻せないまま、また地下へ撤退を余儀なくされる。

いまの地球で人類が生きていく方法、それは地球との共存であり、生きるという意思を放棄しないことだと結論づけ、アラトは機械の体のまま、この世界を生きていくことを心に決める。

Characters(name, age, background)

Arato:
The hero of this story.
When he was enjoying his holiday downtown, the incident happened and lost his left arm.
A company who predicted the incident put the unconscious Arato into a long cold sleep.
While he was asleep, a machine that can connect with other machines replaced his left arm.

The Demolition Wrecker:
After the incident, he joins a group who gathers materials by dismantling old buildings.
He finds Arato and teaches him to survive the world.

Unknown Life Forms:
Gigantic monsters that look like either dragons, snakes or something close to sea animals.
It’s a physical manifestation of typhoons or earthquakes.
It becomes the ruler on earth by infringing upon humans with its enormous power.

Heroine:
Arato meets her after the incident.
She is set up to be a shrine maiden because she could feel the emotions of the unknown life forms.

Informant:
He/She knows everything about the Underground.
Although he/she thinks of using Arato from the past for his/her business, they share their common interest.

The leader of the investigation team:
The leader of a team who investigates the earth to seek the chance of humans taking over the world again.
Also, an expert of survival, he/she teaches Arato how to survive the world.

Virtual avatar, an idol:
Lives in the Digital World.
As an ex-human, he/she abandoned his/her body and switched his/her identity to the Digital World.
A guide of the Digital World.


・アラト
 本作の主人公。
 繁華街で休日を楽しんでいるところ、異変に遭い、左腕を失う。
 気を失ったアラトは、そのまま異変を予知していた組織に保護され、長い間コールドスリープされる。
 その間、左腕は様々な機械と接続ができるジョイントが移植されていた。
 200年後に目覚め、様々な冒険を経て、異変の正体へと触れる。

・解体屋
 異変後の世界で、旧時代の建造物などを解体し資材を集める集団。
 眠っていたアラトを発見し、現代での生きる術を授ける。

・未知の生物
 龍や蛇、あるいは海洋生物のなり損ないのような姿をした、巨大な生物。
 その実体は、台風や地震などが形を持った姿。
 圧倒的な力で人類を蹂躙し、地上の覇者となった。

・ヒロイン
 異変後の世界でアラトが出会った少女。
 地上を跋扈する未知の生物の意識を感じることができ、その事から周囲の人間から巫女として祀りあげられている。

・情報屋
 地下世界の事情通。
 過去からやってきた男であるアラトを上手く設け話に利用できないかと考えながら、互いに持ちつ持たれつの関係を築く。

・調査団団長
 人類の地上奪還のため、様々な調査を行う団体の部隊長。
 サバイバルのエキスパートで、アラトに地上で生き残る方法を教える。

・ヴァーチャルアバター アイドル
 デジタル世界の住人。
 元は人間で、肉体を捨てそのすべてをデジタルに移行した人物。
 デジタル世界を案内する。
  • Author

Author

Masato Yanagihara
ヤナギハラマサト


I studied writing on my own and began promoting myself as a freelance writer without any connections to the writing world and have continued up to the present.
My greatest strength is bringing characters to life by caring for each character’s personality.

日本ゲームシナリオライター協会所属
独学でライティングを学び、コネクションを全く持たない状態から売り込みをはじめ、フリーライターとして活動を開始し、現在に至る。
キャラクターの個性を大事にしながら、登場人物たちが生きているドラマを得意とする。

Sign in