Story outline

Border Man ボーダーマン

Border Man ボーダーマン

Logline

The Horrific World is where traces of emotions from the mundane world settle, and by their own will, the emotions take control. A resident of the Horrific World inhabits a young boy, turning the boy into a Border Man. The Border Man goes back and forth between the Horrific World and the mundane world seeking to get back to being a normal boy by solving incidents caused by other Border Men like himself.

現世の感情が沈み、それらが意思を持って跋扈する世界、キョウ界。キョウ界の住人をその身に宿す存在、ボーダーマンとなった少年。少年は現世とキョウ界を行き来しながら、彼と同じボーダーマンが起こす事件を解決しながら、元の人間に戻るために奔走する。

Planning Intention

A Border Man is someone who goes back and forth between the mundane world and the Horrific World where strange creatures live.

The protagonist becomes a Border Man somehow and solves an incident that happened in the mundane world.
A strange creature was behind the incident. The true identity of the strange creature is the traces of emotions. The Horrific World where the strange creature lives is where the traces of emotions from the mundane world are deposited.
When the traces of emotions reach humans again, the humans are corrupted and become social dropouts.
The project aims to combine mystery with elements of a young adult action drama set in the present.

There are four parts that make the story’s structure: the “setting” where the incident happens, the “investigation” and “solution” where the protagonist’s development is at the heart of the story, and the “truth,” which involves another main character.

To become a Border Man, the protagonist must be inhabited by a strange creature.
The strange creatures are made up of traces of emotions, so they have very unique personalities.

One of the project’s points of appeal is the fact that, aside from the strange creatures, many other characters appear in the story like the other Border Men.
Nowadays, there is a tendency to implicitly force agreeability and repression, but the resentment harbored against those concepts will fade with time.
But what if the resentment that you thought was gone actually gathered at the bottom of the world?
What would happen if the resentment develops a will and comes back to people?
We live feeling many sorts of emotions every day.
Emotions are something we can usually control, but we sometimes get carried away.
Since that is a universal phenomenon, I believe this is a story that would appeal to everyone.

日常と意思を持った怪異たちの住む世界を行き来する者、それがボーダーマン。
とあるきっかけから、ボーダーマンとなった主人公が、現実世界で起きた事件を解決する。
その事件の裏には怪異の影が……。怪異の正体は、感情の澱みであり、怪異たちの住む世界は、現実の澱が溜まる場所。
重く沈んだ感情が、再び人間の元へ届くとき、人は魔が差し、しばしば道を踏み外す。
現代を舞台にした、怪異ミステリーと青春活劇の融合を目指します。
構成としては、事件が起こる「出題編」、主人公を中心に展開する「捜査編」「解決編」、そしてもう一人の主人公による「真相編」の四部で一話として展開していきます。
主人公がボーダーマンになるためには、その身に怪異を宿さなければなりません。
怪異は感情の澱であるため、非常に個性的であり、突き抜けたキャラクター性を持っています。
怪異だけでなく、主人公以外のボーダーマンなど、そういった魅力的なキャラクターを多く登場することも、本企画の魅力のひとつです。
同調や抑圧が暗に強要される風潮の昨今、それらに抱いた憤りも、時間が経てば風化してしまいます。
しかし、消えたと思った感情が、実は世界の底に溜まっていたとしたら。
その感情の澱が、意思を持って人間の元へ戻ったとしたら、なにが起こるのか。
僕たちは喜怒哀楽だけでは言い表せない、様々な感情を持って、日々の生活を送っています。
それは通常、僕らに意思や行動の決定権がありますが、ときに感情に流されてしまうこともあります。
そういった普遍的な現象だからこそ、多くの方に楽しんでいただける企画になると思っております。

Synopsis

Haruki was dragged into the darkness by someone while he was looking for his missing classmate, Chikage.

The next moment, he realizes he is in a place he doesn’t know.

Haruki is attacked by an indescribable monster and runs for his life to a place where he meets a man named Sou and a girl Enki who plays with fire.

Haruki finds out that he is in the Horrific World, where all the traces of emotions are gathered, and learns that to get out of this world, he must allow a resident from the Horrific World to inhabit him and thus become a Border Man. The strange creature that attacked Haruki is one of those residents. The resident was still not fully mature, which was why it couldn’t maintain its form. But as they gain strength, eventually such creatures will be able to have a human-like form like Enki.

Having accepted the conditions, Haruki becomes a Border Man by possessing an air shark.

After returning to the mundane world, he investigates the possibility that his being dragged into the darkness and Chikage going missing are somehow connected.

While going back and forth between the two worlds, he finds Chikage.

Chikage has become a Border Man possessed by a floating spider and drags people who bother her childhood friend Airi into the darkness. Chikage wanted to quit, but because Airi was extorting her weaknesses, could not escape.

To save Chikage, Haruki faces Airi and releases her from Airi’s grasp.

But there was someone else behind Airi.

Sou gets closer to the person and investigates. Without anyone knowing, the person gets punished and disappears with the case into the darkness.


行方不明になった同級生チカゲを探していたハルキは、何者かに暗がりへと引きずり込まれてしまう。

次の瞬間、気がつくとハルキは見覚えのない場所にいた。

形容しがたいバケモノに襲われ、命からがら逃げ出した先でハルキが出会ったのは、ソウという名の男と、炎を弄ぶ少女エンキだった。

ハルキは二人から、この場所が感情の澱が溜まる場所、「キョウ界」であること、ここを出るには「キョウ界の住人」をその身に宿し「ボーダーマン」となければならないことを知らされる。

「キョウ界の住人」とは、ハルキを襲ってきたバケモノたち。それはまだ「キョウ界の住人」としては未熟で、だからこそ形を維持できない。しっかりと力をつければ、やがてエンキのように、人の似た姿を保つことができるようになる。

状況を受け入れ、空気鮫の「ボーダーマン」となって、現実の世界へ戻ったハルキは、自分が「キョウ界」に引き込まれたことと、行方不明になったチカゲの事件は関係があるのでは、と捜査を続ける。

現実と「キョウ界」を行き来しながら、やがてチカゲを発見する。

チカゲは浮蜘蛛の「ボーダーマン」となって、幼馴染みのアイリにとって邪魔な人間をすべて「キョウ界」へと引き込んでいた。チカゲは、もうこんなことやめたいと思っていたが、アイリに弱みを握られており逃れることができずにいた。

そんな彼女を救うべく、ハルキはアイリと対決、見事にチカゲを救い出すことに成功する。

その裏で、実はアイリをそそのかし、利用していた人物がいた。

その人物に近づき、真実を追究するソウ。誰にも知られることなく、制裁が加えられ、事件はその人物ごと闇に葬られるのだった。

Characters(name, age, background)

Haruki:
He is the official protagonist.
A high school student with a strong sense of justice and who loves to help others.
He could move at an ultra-high speed while holding his breath because he possesses an air shark.

Sou:
He is the un-official protagonist.
A handyman who is a generous man for the most part, but in the mundane world, he has strong resentments against unreasonable incidents in the world.
He possesses the fire queen Enki, so he can control fire freely.

Chikage:
A high school student. She possesses a floating spider so she can trap an object with webs or follow the object with an invisible web as long as she has her eyes on the object.

ハルキ:
本編の表向き主人公。
高校生。正義感が強く、誰かのために一生懸命になれる。
空気鮫を取り憑かせたことにより、息を止めている間、超高速で動くことができる。

ソウ:
本編の裏主人公。
なんでも屋。清濁併せのめる器量を持っているが、性根では世の中の理不尽な出来事に対し、強い義憤を覚えている。
炎の女王であるエンキを取り憑かせているため、炎を自由に操ることができる。

チカゲ:
高校生。浮蜘蛛を取り憑かせていて、見えている範囲なら、糸を伸ばし対象を捕まえたり、見えない糸をつけて相手を追うことができる。
  • Author

Author

Masato Yanagihara
ヤナギハラマサト


I studied writing on my own and began promoting myself as a freelance writer without any connections to the writing world and have continued up to the present.
My greatest strength is bringing characters to life by caring for each character’s personality.

日本ゲームシナリオライター協会所属
独学でライティングを学び、コネクションを全く持たない状態から売り込みをはじめ、フリーライターとして活動を開始し、現在に至る。
キャラクターの個性を大事にしながら、登場人物たちが生きているドラマを得意とする。

Sign in